アンテナ工事を始める前に種類や費用、設置時間の知識を身に付けよう

UHFとVHFアンテナの違い

UHFとVHFのアンテナの違いを、ちゃんと理解していない人ももしかするといるかもしれません。そこで今から2つの違いを説明します。

知っていた方が良いアンテナ知識

どのような違いがあるの?
UHFアンテナは地デジを受信するために欠かすことができないです。県域放送を受信したり、各地域にある中継局からNHKや民法各局の電波を受信して、番組を流しています。一方でVHFアンテナですが、こちらは地上アナログを受信するためのアンテナのため、地デジを受信することはできません。双方は見た目も異なり、UHFアンテナの方はVHFアンテナよりもコンパクトで種類も豊富です。VHFアンテナの方は4倍以上の大きさがあります。

デザインアンテナはお洒落

アンテナの種類や設置に掛かる時間と費用が気になっている方は数多いでしょう。近年のアンテナは見た目にもこだわれるようになっています。設置時間や費用は各業者やアンテナの種類によって異なります。

見た目や性能が抜群

デザインアンテナのメリットはまず、従来のアンテナとまったく違う見た目をしているところです。通常のアンテナは魚の骨のような形状をしていますが、デザインアンテナはスタイリッシュだったり、フラットだったりとデザイン性が豊かです。カラーもホワイトやブラック、ブラウンなどがあり、外壁のカラーに合わせて選べます。そのため、見た目へのこだわりが強い方にぴったりのタイプでしょう。見た目だけでなく機能性も抜群です。小型ながらしっかりと電波を受信するので、綺麗な映像が画面に映し出されます。また、屋上ではなく外壁に取り付けることができますから、雨による汚れも比較的少ないため、設置後の見た目も損ねません。そんなデザインアンテナは様々な業者が販売しているので、好みのタイプを見つけましょう。

設置にかかる費用と時間

デザインアンテナの設置費用は約2万円くらいです。設置時間はおおよそ1時間くらいと短時間です。設置箇所はアンテナ工事業者の方と話し合った上で決めます。電波の受信状況などもありますから、しっかりと話し合っておきましょう。もう一方の魚の骨の形状をした通常のアンテナの設置費用は1万5千円くらいで、設置時間はこちらも1時間くらいです。こちらは基本的に屋上に取り付けます。双方とも案外短時間で設置可能です。自分でアンテナ設置をするよりも、アンテナ工事業者に依頼した方がスムーズに作業を終わらせられるでしょう。

TOPボタン